浪花屋製菓 > 浪花屋物語

浪花屋物語

元祖柿の種、浪花屋製菓の本社

いまや世界ブランドとなった 米菓・柿の種
元祖は新潟県長岡市に本社のある、浪花屋製菓です

昭和30年ころ、興三郎・さき夫妻

おいしいお米のふるさと新潟県。

「元祖 柿の種」の浪花屋製菓はその中央、長岡市に生まれて90年。その歳月は、常にお客様に喜ばれる米菓、柿の種を作り続けた情熱と変革の歴史。私たちはお客様の「おいしい」の一言と出会うために、そしてより多くのお客様の「笑顔」に接するために、つねにクリエイディブな姿勢でその時代時代の「おいしさ」を探求し続けてきました。

浪花屋製菓は、今も昔と変わらぬ「おいしさ」を、まごころこめて一人ひとりのお手元へお届けします。